2014年07月04日

第7話 『愛は待たない』

一人で待っているリカのもとへ帰ってきた完治(織田裕二)は、さとみに会ったことや、何もしてやれなかったことを正直に話した。完治に愛媛に連れてってくれたら許すとリカは言う。


三上を呼び出した完治は、さとみが三上と長崎がマンションの前で抱き合っているところを見たことを告げた。そこでふざけて一緒に言い訳考えてくれ・・と言う三上に、完治は殴りかかってケンカになる。そこへ偶然リカと同僚の女の子が同じ店に来て二人を止める。三上は完治の家に泊まっていくことになる。

さとみからリカに連絡が入り、迷惑かけたことを謝る。そしてそこで、三上君と別れることにした・・と告げる。それを聞いたリカは、完治に明日愛媛に行こう・・と言い出す。リカの考えを理解できず、取り合わない完治だった。次の日朝早くに完治のマンションにリカは迎えにきたが軽くあしらってしまう。

さとみは、三上を呼び出し、楽しい思い出ありがとう・・と別れの言葉を言い出す。突然のさとみの別れ話に驚きながら、別れるなんてイヤだ・・と叫ぶ三上だったが、さとみは行ってしまう。

さとみと別れて飲んでいる(いつものバーこの辺りもトレンディですね)三上を心配して、リカは友達だからそばにいる・・と完治に電話し、完治はさとみのほうへ行け・・と話す。


泣くのをこらえるさとみに、我慢しないで泣いてもいい・・という完治。

一人帰ってきた完治に三上は、リカがお前をさとみのもとに行かせたのはお前が好きだからだ・・と電話で告げる。そこで、リカの持ってきた旅行のチケットを見つけた完治は、リカが本気で愛媛に行こうとしていたことを知り、思わず外に飛び出す。ちょうど帰ってきたリカを思わず力一杯抱きしめる。

posted by 東京ラブストーリー at 19:26| あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。