2016年09月23日

第1話 『出会いと再会』

サラリーマンの完治(織田裕二)と医大生の三上(江口洋介)は故郷の愛媛で高校の同級生でした。二人ともさとみ(有森也美)に憧れていた。

まじめで口数が少ない完治に比べ、三上は社交的で女性にモテる(医大生)。この二人に10代はアメリカに住んでいたことから自由奔放な赤名リカ(鈴木保奈美)、保守的な関口さとみが複雑に絡み合い、繰り広げるラブストーリーです。



東京の会社に就職が決まり、愛媛県から上京してきた永尾完治(織田裕二)を会社の先輩、赤名リカ(鈴木保奈美)が空港まで迎えに来ました。

リカにカンチと呼ばれ始める。完治はリカに自分の高校時代の恋愛の事を話してしまう。

東京で同窓会が開かれることになっていた。そこで完治が好きな同級生のさとみに会うことができたので喜んでいる完治。

同窓会へ来る途中でぶつかったことからナンパ!?したリカを連れて三上(江口洋介)が来る。(他人の同窓会に行くなんて結構無理がありますね・・)

同窓会を抜け出して4人で飲みに行くが、三上は大学の研究室で一緒の長崎(千堂あきほ)を見つけ、ちょっかいを出しに行きました。そんな三上に、さとみは冷たい視線を送る。
その後気まずくなり三上は帰りました。
帰りにリカから完治へ電話番号が書いてあるコースターが渡されました。

リカからもらった電話番号をかけるとさとみが出た。二人で会う約束をとりつけ喜ぶ完治だったが、さとみの職場に三上が来て強引にさとみを誘った。そして、3人で会うことになった。その途中リカから連絡が入る。会社でトラブルがおき、急いで帰るカンチ。

残された三上とさとみは気まずい雰囲気だったが、そんなにオレのことが嫌いか?と聞く三上に、嫌いになれなかった・・と言うさとみ。

リカと完治が力を合わせて仕事を無事終えて、三上とさとみが待つお店へリカと一緒行く完治だったが、信号待ちの目の前で、三上とさとみがキスをしているのを目撃してしまう・・。

ショックでその場を立ち去るカンチにリカが元気づける。

最後は仲良くなって、リカが完治に走りながら抱きついて、『カンチ好き!!』というシーンで終わります。(最後のシーン良いですね)

あと気になるのは、リカは完治の先輩ですが、年上なのか?同い歳なのか?
途中から完治はリカにタメ口になっているので気になります。

気になっているのは私だけなのかな・・




ラベル:あらすじ
posted by 東京ラブストーリー at 17:27| あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

第2話 『愛ってやつは』 

会社から出てきた完治(織田裕二)に三上(江口洋介)は声をかけるが、昨夜のことを気にしている完治は『お前に用はないよ』と行ってしまう。

三上はリカ(鈴木保奈美)から、昨夜の出来事を完治が目撃したと教えられた。
そして、リカと一緒に完治のアパートへ行き、強引に入り、いつものことだと弁解する。

完治はリカからもらったアイスホッケーのチケットをもらったので、さとみ(有森也美)をデートに誘う。

完治の隣の席にリカが現れる。しぶしぶ、3人で食事をすることになりました。さとみが席をはずしている時に、完治はリカの不倫のことで無神経なことを言ってしまい。リカを怒らせてしまった。さとみと二人きりになった完治は、『俺と付き合わないか』と告白しました。

さとみは返事は宿題にするとその場は別れた。
一方、大学を留年しそうな三上に、同じ研究室の長崎(千堂あきほ)がノートを差し出した。

三上はさとみにキスしたことを謝るため電話をするが、途中で切られてしまう。しかし気になるさとみは、三上に自分から電話を入れるが、そっけない言葉しかかえってこない。完治から告白されたことを話すと『似合っている』と思わずいってしまう三上。

ずっと怒っていたリカだったが、完治のため仕事を手伝ってあげ、そのお礼におごってもらう約束をする。仕事を終え、出ようとする完治にさとみから電話が入り、告白の返事をするという。リカのデスクに今日は行けなくなったことをメモを残し、さとみのもとへ向かう。

いい感じの二人だったが、高校時代の思い出を話す中、さとみが机に落書きがされてあり、泣いて帰った翌日、きれいに落書きが消してあったという。それがとてもうれしかった・・と話すさとみに、完治は顔を曇らせる。それは俺じゃない・・・、たったひとり三上が放課後残って、さとみの机の落書きを消していた。完治の言葉に動揺するさとみの心に三上がいることに気づいてしまう。

さとみの返事はOKでした。しかし完治は『付き合おうと言ったことはなかったことにしてくれ』と一人で行ってしまう。

完治と付き合うつもりでいたさとみは、複雑な気持ちで帰ってくるが、そこでさとみのアパートの前で三上が待っていた。

さとみの気持ちを知り、やりきれなくてバーで一人飲んでいるところにまたまた同僚(ヒデちゃん達)に出くわし、リカが約束の場所へ向かったことを知る。
完治は急いで約束の喫茶店へ向かった、もうすでに4時間も過ぎている店の前で雨の中傘をさして待つリカが待っていた・・。

posted by 東京ラブストーリー at 14:12| あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

第3話 『二人の始まり』

突然、完治(織田裕二)から友達のままでいよう・・と言われたさとみ(有森成美)は困惑して、もう一度完治と話をしようとするが、さとみの心を知っている完治は、もう、よそう・・とあきらめる。

三上(江口洋介)の母親から預かったものを渡しに三上のマンションを訪ねたさとみは、口紅の付いたグラスを見てしまい帰ってしまう。

完治は約束に遅れたお詫びにと、リカ(鈴木保奈美)と一緒にバーへ飲みにいきました。そのバーで長崎(千堂あきほ)といる三上を見た。気を利かして完治と三上を二人にするリカ。

三上はさとみが完治に振られた・・と言って泣いていたことを告げると、さとみが好きなのはお前だ・・と言う完治だったが、そんなことわかっている・・

他の女を切って、さとみの気持ちを受け止めても良いのか?と逆に言われてしまい、俺が口出すことじゃない・・と言い切ってしまう。それなら今度会うときはもう、今までの俺じゃない・・といって席をたつ三上。

さとみの勤める幼稚園に三上が迎えに行き、二人で話をする。俺のそばにいてほしい・・と言う三上に、自分が好きになっても本当にいいの?と答えるさとみ。ポケットから女性の電話番号が書かれた手帳をとりだし、ライターで燃やす三上。わかったから・・。そして二人は結ばれる。

三上は、完治に『さとみと寝た』とを話してしまう。

完治とリカのことを会社の同僚に噂され怒り、落ち込むリカを力づけようとする完治。
リカは『love』じゃなくていい『like』でいいから『好き』と言ってという。

最後に『セックスしよう』と完治に言う(出ましたねあの名言・・)

ラベル:あらすじ
posted by 東京ラブストーリー at 17:16| あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。